お知らせ

2014.11.06

受賞歴

第85回 関東信越国税局酒類鑑評会 純米酒の部および吟醸酒の部で優秀賞を受賞

2014年11月に第85回 関東信越国税局酒類鑑評会の純米酒の部および吟醸酒の部で優秀賞を受賞しました。 関東信越国税局酒類鑑評会とは 酒類の品質評価を通じて酒造技術の進歩・発展を促し、関東信越国税局管内で製造される酒類の品質向上を図り、酒類業の健全な発達に資することを目的として行われるものです。 審査概況についてはコチラ

2014.07.16

受賞歴

インターナショナルワインチャレンジ2014で弊蔵のお酒2品が賞を受賞

2014年にイギリス・ロンドンで開催される「インターナショナルワインチャレンジ」の「SAKE部門」で、弊蔵の酒2品目が賞を受賞いたしました。 ■受賞酒 銀メダル 吟の慶 大吟醸 銅メダル 秀松 山吹 インターナショナルワインチャレンジは、世界最大規模の酒類のコンペティションで、「お酒のオリンピック」とも呼ばれています。 本コンテストでの受賞歴一覧は…

2014.05.20

受賞歴

2014年 平成25酒造年度 全国新酒鑑評会 で金賞を受賞

2014年5月に平成25酒造年度 全国新酒鑑評会で金賞を受賞しました。 全国新酒鑑評会は、新酒を全国的に調査研究することにより、製造技術と酒質の現状及び動向を明らかにし、もって清酒の品質向上に資することを目的として開催されます。 審査概況についてはコチラ

2013.11.06

受賞歴

第84回 関東信越国税局酒類鑑評会 純米吟醸酒の部で優秀賞を受賞

2013年11月に第84回 関東信越国税局酒類鑑評会の純米吟醸酒の部で優秀賞を受賞しました。 関東信越国税局酒類鑑評会とは 酒類の品質評価を通じて酒造技術の進歩・発展を促し、関東信越国税局管内で製造される酒類の品質向上を図り、酒類業の健全な発達に資することを目的として行われるものです。 審査概況についてはコチラ

2013.07.26

受賞歴

スローフードジャパン 燗酒コンテスト 2013 で、弊蔵のお酒1品が賞を受賞

2013年7月26日にスローフードジャパン 燗酒コンテスト 2013が開催され、弊蔵の酒1品目が賞を受賞いたしました。 ■金賞  夢 純米 「温めておいしい酒」を周知することによって、「燗」という日本酒ならではの魅力をアピールすることを目的としています。 スローフードジャパン 燗酒コンテスト 2013の受賞結果については、こちらのwebページ…

2013.07.18

受賞歴

インターナショナルワインチャレンジ2013で弊蔵のお酒1品が賞を受賞

2013年にイギリス・ロンドンで開催される「インターナショナルワインチャレンジ」の「SAKE部門」で、弊蔵の酒1品目が賞を受賞いたしました。 ■受賞酒 銅メダル 吟醸古酒 王紋年輪<販売終了商品> インターナショナルワインチャレンジは、世界最大規模の酒類のコンペティションで、「お酒のオリンピック」とも呼ばれています。 本コンテストでの受賞歴一覧は…

2013.05.22

受賞歴

2013年 平成24酒造年度 全国新酒鑑評会 で入賞

2013年5月に平成24酒造年度 全国新酒鑑評会で入賞しました。 全国新酒鑑評会は、新酒を全国的に調査研究することにより、製造技術と酒質の現状及び動向を明らかにし、もって清酒の品質向上に資することを目的として開催されます。 審査概況についてはコチラ

2012.11.06

受賞歴

第83回 関東信越国税局酒類鑑評会 純米酒の部で優秀賞を受賞

2012年11月に第83回 関東信越国税局酒類鑑評会の純米酒の部で優秀賞を受賞しました。 関東信越国税局酒類鑑評会とは 酒類の品質評価を通じて酒造技術の進歩・発展を促し、関東信越国税局管内で製造される酒類の品質向上を図り、酒類業の健全な発達に資することを目的として行われるものです。 審査概況についてはコチラ

2012.09.11

受賞歴

インターナショナルワインチャレンジ2012で弊蔵のお酒3品が賞を受賞

2012年にイギリス・ロンドンで開催された「インターナショナルワインチャレンジ」の「SAKE部門」で、弊蔵の酒3品目が賞を受賞いたしました。 ■受賞酒 銀メダル 秀松 藍 銅メダル 秀松 山吹 銅メダル 秀松 朱 インターナショナルワインチャレンジは、世界最大規模の酒類のコンペティションで、「お酒のオリンピック」とも呼ばれています。 本コンテスト…

2012.05.18

受賞歴

2012年 平成23酒造年度 全国新酒鑑評会 で入賞

2012年5月に平成23酒造年度 全国新酒鑑評会で入賞しました。 全国新酒鑑評会は、新酒を全国的に調査研究することにより、製造技術と酒質の現状及び動向を明らかにし、もって清酒の品質向上に資することを目的として開催されます。 審査概況についてはコチラ